フランス語版 FUEN-FR003 Predaplant Pterapenthes 捕食植物プテロペンテス (スーパーレア) 1st Edition
5cfb20235aa93848ff4fe246

フランス語版 FUEN-FR003 Predaplant Pterapenthes 捕食植物プテロペンテス (スーパーレア) 1st Edition

残り3点

¥100 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

《捕食植物プレデター・プランツプテロペンテス/Predaplant Pterapenthes》 † 効果モンスター 星3/闇属性/植物族/攻 300/守2100 (1):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、 相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。 捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。 (2):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。  ブースターSP-フュージョン・エンフォーサーズ-で登場した闇属性・植物族の下級モンスター。  戦闘ダメージを与えた時に相手モンスター1体に捕食カウンターを置く事ができる誘発効果、自身以下のレベルを持つ相手モンスター1体をコントロール奪取する起動効果を持つ。  (1)の効果は、相手に戦闘ダメージを与えた時に捕食カウンターを1つ置く効果。  攻撃力が非常に低い点と捕食カウンターを置くモンスターが必要になる点から、基本的には裏側守備表示でセットして反射ダメージを狙う事になる。  もっとも、除去が蔓延し攻撃力が2100を超えるモンスターがすぐ特殊召喚される昨今の環境では確実とは言えないため、捕食カウンター生成要員としては心許ない。  従って、捕食カウンターを乗せる役目を他のカードに任せ、自身は(2)の効果をメインに使う方が良いだろう。  一応《月鏡の盾》で強化したり、《財宝への隠し通路》を利用して直接攻撃し、捕食カウンターを乗せる手もある。  (2)の効果は自身のレベル以下のモンスターのコントロール奪取を行う効果。  捕食カウンターが乗ったモンスターはレベル1になるため、併用すれば奪える対象は増える。  しかし、レベル3以下のモンスターのコントロール奪取となると、永続的に、かつ複数体奪える《憑依するブラッド・ソウル》の方が上回る。  捕食植物のカテゴリに属する点を活かしたいが、相手モンスターを融合素材にできる《捕食植物サンデウ・キンジー》、リリースして特殊召喚できる《捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ》及び《捕食植物バンクシアオーガ》と比べると利便性で見劣りしてしまう点が引っ掛かる。  レベル3であることや、《デブリ・ドラゴン》に対応することなどを利用する選択肢もあるか。  自分モンスターの数が増えているので、リンク素材にする用途なら他の捕食植物と差別化できる。  逆に自身のレベルを上げる事で捕食カウンターの乗っていないモンスターを奪うという手もある。  《ギブ&テイク》は相性が良く、このカードのレベルを上げられ、場合によっては送りつけたモンスターを奪い取ることで完全蘇生も狙える。 カード名は、翼竜「プテロダクティルス」と「ネペンテス」を組み合わせたものと思われる。