フランス語版 CIBR-FR028 Mermail Abyssnerei 水精鱗-ネレイアビス (ノーマル) 1st Edition
5cfc75bdcd732c512d408e22

フランス語版 CIBR-FR028 Mermail Abyssnerei 水精鱗-ネレイアビス (ノーマル) 1st Edition

100 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《水精鱗マーメイル-ネレイアビス/Mermail Abyssnerei》 † 効果モンスター 星3/水属性/水族/攻1200/守2000 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードを手札から捨て、自分フィールドの水属性モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスター以外の自分の手札・フィールドの水属性モンスター1体を選んで破壊し、 対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の数値分アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 (2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。  CIRCUIT BREAKで登場した水属性・水族の下級モンスター。  手札・フィールドの水属性モンスターを破壊し、自分フィールドの水属性モンスターの攻撃力と守備力をアップする誘発即時効果、フィールドから墓地へ送られた場合に手札交換を行う誘発効果を持つ。  (1)の効果は水属性モンスターの攻撃力・守備力を1ターンの間強化する手札誘発効果。  《オネスト》に似ているが、自分の手札・フィールドの水属性モンスター1体を破壊しそのステータスを参照するため、このカードと合わせて2枚の消費になる。  普通に使っても戦闘破壊に成功した所で1枚のディスアドバンテージになってしまうため、なるべく破壊をトリガーとする効果を持つモンスターと併用したい。  【水精鱗】においては《水精鱗-アビスリンデ》とのシナジーが見込める効果であり、《アビスフィアー》による自壊を待たずにリクルート効果に繋げられる。  発動ターンに決着をつけられるのであれば、消費覚悟で《水精鱗-メガロアビス》を強化して2回攻撃で1ターンキルを狙っても良い。  (2)は自身が墓地へ送られた場合に発動する手札交換効果。  シンクロ素材やリンク素材等にしても発動するが、捨てるのは効果なので海皇のトリガーにはできない。  主に《水精鱗-アビスグンデ》とのコンボに使用する事になるだろう。  どちらの効果も単体ではアドバンテージに繋がらない上、【水精鱗】における必須カードである海皇との相性もあまり良くない。  水属性全般をサポートするカードではあるものの、上述の理由から【水属性】であってもシナジーがあるかどうかしっかり見定めた上で採用を決めたい。 【水精鱗】以外では【クリストロン】との相性が良い。 クリストロンモンスターは殆どが破壊された場合もしくは墓地で発動する効果を持っているため、(1)の効果による破壊を利用できる機会が比較的多い。 また、【クリストロン】は全体的に打点が低く、戦闘破壊による突破を迫られた場合も単体強化が活きる。 フリーチェーンで発動可能な点を利用し、相手がバウンス等による除去を狙ってきた場合にサクリファイス・エスケープ手段として使ってもいい。 名前の由来はギリシャ神話に登場する海のニンフ「ネレイド」、魚のモチーフは鰭の形状からシーラカンスなどの総鰭類だろう。