フランス語版 CIBR-FR089 F.A. Pit Stop F.A.ピットストップ (ノーマル) 1st Edition
5cfcd284cd732c6c5140d80f

フランス語版 CIBR-FR089 F.A. Pit Stop F.A.ピットストップ (ノーマル) 1st Edition

100 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《F.A.フォーミュラアスリートピットストップ/F.A. Pit Stop》 † 速攻魔法 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分フィールドの「F.A.」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターのレベルを2つ下げ、自分は自分の墓地の「F.A.ピットストップ」の数+1枚をデッキからドローする。 (2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「F.A.」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。  EXTRA PACK 2018で登場した速攻魔法。  F.A.のレベルを下げ、墓地の同名カードの数+1枚をドローする効果、墓地の自身を除外する事でF.A.を蘇生させる効果を持つ。  (1)の効果は、F.A.のレベルダウンを引き換えにドローを行う効果。  F.A.モンスターのレベルを2つ下げる必要があるが、F.A.の共通効果により下がるレベルは実質1つだけとなる。  《ゴブリンのやりくり上手》と似たような形でドロー枚数を増やせるのだが、F.A.が必要な点を抜きにしても同名カードの同一ターン内発動制限などがあるため運用は少々異なる。  とはいえ、あらかじめ手札コストで墓地に送っておいてもいい点などは共通である。  (2)の効果は自身の墓地除外をコストとしたF.A.の蘇生効果。  レベル等の制限は無いので、上級モンスターの《F.A.ターボチャージャー》や、最上級シンクロモンスターの《F.A.ホームトランスポーター》なども蘇生できる。  有用な効果ではあるのだが、墓地の枚数が減るため3枚を使い切っていない場合は以降に《F.A.ピットストップ》を引いたときのドロー枚数とこの場の蘇生のどちらかを選択する事となる。 (2)の効果はスペルスピード1である。 詳しくは速攻魔法のページを参照。 「ピットストップ(pit stop)」とは、レース中にピット(サーキット場に設置された作業用スペース)に入って停止し、メンテナンスなどの作業を行う事を意味する。 (1)の効果はピットに入ること、(2)の効果はピットから出ることを表しているのだろう。 イラストでは《F.A.ソニックマイスター》がメンテナンスされている。 ピットクルーの中にはU.A.モンスターとよく似た容姿の人物が何人か描かれている。 元々は、TCG版Circuit Breakで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。