フランス語版 CIBR-FR019 Krawler Receptor クローラー・レセプター (ノーマル) 1st Edition
5cfcd375f8975452bfb91d7e

フランス語版 CIBR-FR019 Krawler Receptor クローラー・レセプター (ノーマル) 1st Edition

100 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《クローラー・レセプター/Krawler Receptor》 † リバース・効果モンスター 星2/地属性/昆虫族/攻 900/守1200 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードがリバースした場合に発動できる。 デッキから「クローラー」モンスター1体を手札に加える。 (2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。 「クローラー・レセプター」以外の「クローラー」モンスター2体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚する (同名カードは1枚まで)。  CIRCUIT BREAKで登場した地属性・昆虫族の下級リバースモンスター。  リバースした場合にクローラーモンスター1体をサーチできる誘発効果、クローラーをリクルートする下級クローラー共通の誘発効果を持つ。  緩い条件でクローラーをサーチできるが、リバースを条件とするためやや速効性に欠ける。  現状、メインデッキに投入できるクローラーは全て《応戦するG》の効果でもサーチが可能。  あちらはリンク素材にした場合でもサーチできるため、即効性で言えばこのカードのほうが分が悪い。  しかしこのカードは自身もクローラーに属するため、クローラー共通のリクルート効果に対応する。  クローラーのリクルート効果では同名カードをリクルートできないため、クローラーの種類自体の嵩増しにもなるこのカードはデッキの潤滑油として機能しやすいだろう。  うまくリバースから(1)と(2)両方の効果を発動できれば、サーチとリクルートによって一気にアドバンテージを稼ぐこともできる。  (2)は下級クローラー共通の効果。  使い方は《クローラー・アクソン》を参照。 英語で「receptor」(日本語では「受容体」という)は、細胞において外部からの刺激に反応を行う部位の名称である。