フランス語版 NECH-FR099 Number 99: Utopic Dragon No.99 希望皇龍ホープドラグーン (シークレットレア) 1st Edition
5cfe3dc0054c2440948d47ce

フランス語版 NECH-FR099 Number 99: Utopic Dragon No.99 希望皇龍ホープドラグーン (シークレットレア) 1st Edition

Last 1

650 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《No.ナンバーズ99 希望皇龍きぼうおうりゅうホープドラグーン/Number 99: Utopic Dragon》 † エクシーズ・効果モンスター ランク10/光属性/ドラゴン族/攻4000/守2000 レベル10モンスター×3 このカードは手札の「RUM」魔法カード1枚を捨て、 自分フィールドの「希望皇ホープ」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。 (1):1ターンに1度、自分の墓地の「No.」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 (2):このカードを対象とするモンスターの効果が発動した時、 このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にし破壊する。  ナンバーズガイド3 付属カードで登場した光属性・ドラゴン族のエクシーズモンスター。  RUMをコストに希望皇ホープに重ねてエクシーズ召喚する効果外テキスト、墓地のNo.1体を蘇生する起動効果、エクシーズ素材を消費してこのカードを対象とするモンスター効果の発動を無効にして破壊する誘発即時効果を持つ。  正規のエクシーズ召喚は重く、同じエクシーズ素材でより高い攻撃力に対応できる《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》や《CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア》が存在するので優先されることはそうない。  ただし、墓地にレベル10モンスターが溜まり易い【列車】などに《輝望道》を採用した場合には正規のエクシーズ召喚も起こり得る。  ランク8の光属性・ドラゴン族のエクシーズモンスターに《RUM-アストラル・フォース》を使用しても出せるが、ランク8に癖の強い《RUM-アストラル・フォース》を使用するのはあまり現実的ではない。  基本的に希望皇ホープにRUMをコストにしてのエクシーズ召喚を狙うことになる。  重ねられる希望皇ホープはランクを問わないため、扱いやすいランク4~6の希望皇ホープの他にも、ランク1の《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》にも重ねてエクシーズ召喚できる。  【金華猫】などの、ランク1エクシーズモンスターが出しやすいが打点に不安の残るデッキでは、貴重な高攻撃力アタッカーになる存在である。  《RUM-アストラル・フォース》はこの場合だと自然に投入しやすいため、他と併用する事もできる。  【希望皇ホープ】では状況に応じて《CNo.39 希望皇ホープレイV》等と使い分けることになる。  手札で腐ることが多い《RUM-七皇の剣》・《RUM-千死蛮巧》の処理手段としても有用である。  また、《RUM-アージェント・カオス・フォース》は、このカードのエクシーズ召喚をトリガーにしてサルベージ可能なので、同名カードの連続召喚を狙うことができる。  似通った召喚条件を持つ《SNo.0 ホープ・ゼアル》と比較すると、あちらは相手ターンに効果の封殺が行えるため守りに適しているカードである。  こちらは蘇生効果と高い攻撃力により攻めに適しているため、状況を見て両者を上手く使い分けたい。  (1)の効果は、効果無効かつ守備表示での蘇生となるため、《CNo.39 希望皇ホープレイ》等のノーコストで重ねてエクシーズ召喚できるカードと組み合わせるとよいだろう。  手札にRUMがあればそのままランクアップすれば良く、希望皇ホープを蘇生すれば《希望郷-オノマトピア-》のかっとビングカウンターを貯めることができる。  ただし、No.は全てエクシーズモンスターなので、事前準備を要する上に、除外やバウンスを受けて墓地へ行かない可能性もある。  《クリボルト》・《蒼血鬼》・《鬼神の連撃》等で、このカードのエクシーズ素材となっている希望皇ホープを能動的に墓地へ送るのも一つの手だろう。  《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》とは相性が良く、あちらの効果で能動的に希望皇ホープを墓地へ送れる他、このカードの効果で蘇生したランク4の希望皇ホープを起点にエクシーズ召喚できる。  《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は相手モンスターとの戦闘時に攻撃力を5000にできるため、2体の合計攻撃力は9000にも達し、大きな爆発力を発揮する。  (2)の耐性効果はさほど範囲は広くないが、《No.101 S・H・Ark Knight》や《エフェクト・ヴェーラー》等への保険として有難い効果である。  1ターン内の回数制限がないので繰り返しの除去にも耐えることができる。  当然だが、《強制脱出装置》等の魔法・罠カードや、《氷結界の龍 トリシューラ》等の対象を取らないモンスター効果には無力なので過信はできない。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果が無効化される範囲については《ジャンク・シンクロン》を参照。 効果でRUMを不発にできる《神竜騎士フェルグラント》はRUM中心のデッキの天敵となるが、このカードはそのメタカードになる。 このカードはあくまで自身の効果でエクシーズ召喚でき、展開後も(1)の蘇生効果への妨害を(2)の効果で防げる。 希望皇ホープに関連したエクシーズモンスターではあるが、このカード自身は希望皇ホープをカード名に含まず、そのサポートは受けられない。 似たような立場の《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》はOCG化に際して「希望皇ホープとして扱う」効果を与えられているのだが、こちらには与えられなかった。 海外でのカード名も「Utopia」が含まれず代わりに「Utopic」となっている。 2015年1月の遊戯王OCGイベント「歴代主人公デッキ対戦会」の遊馬デッキではこのカードが2枚採用されている。 アニメで使用したのは遊馬の対戦相手のアストラルであり、作中最後に遊馬が倒したモンスターではあるのだが、希望皇ホープとRUMを含めた遊馬デッキとは相性が良いため、デッキ調整の観点から見れば納得の選択である。 イラストでは、右足に自身のナンバーである「99」が描かれている。 原作・アニメにおいて― アニメZEXALIIセカンドの「遊馬vsアストラル」戦でアストラルが使用。 魔法カード《HRUMハイパーランクアップマジック-アルティメット・フォース》によって、《No.39 希望皇ホープ・ルーツ》をランクアップしてエクシーズ召喚された。 効果で《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》を蘇生し、戦闘破壊耐性と戦闘ダメージ無効効果を持つ《FNo.0 未来皇ホープ》を敢えて攻撃する。 《FNo.0 未来皇ホープ》のコントロール奪取効果を無効にした上で、《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》を破壊して遊馬に3000のダメージを与えるのが狙いだったのだが、《FNo.0 未来皇ホープ》のもう一つの効果により失敗する。 最終的には、罠カード《ブレイビング・メモリー》で攻撃力が4000となった《FNo.0 未来皇ホープ》に戦闘破壊された。 エクシーズ召喚時の口上は「現れよNo.99!砕け散り我が魂の記憶。今、ひとつの星となりて、天命を貫く霹靂となれ!これがナンバーズの終焉にして頂点!希望皇龍ホープドラグーン!!」。 このカードがエクシーズ召喚される際は、これまでのアニメZEXALシリーズに登場したNo.とCNo.の多くが画面に登場するという演出が見られた。 作中最後に登場したNo.でもあり、「ナンバーズの終焉」という口上に相応しい演出と言えよう。 アニメではテキストは明らかにされなかったが、蘇生効果は守備表示に限定されていなかった。 耐性については、「自身が自分フィールドを離れる効果が発動した場合にその効果を無効にし、自身以外の全てのモンスターを破壊し、その攻撃力分のダメージを相手に与える」ものだった。 作中では1体しか破壊していないので、ダメージ値は破壊したモンスターの合計なのかどうかは不明である。 なお、作中では《FNo.0 未来皇ホープ》のコントロール奪取を無効にした。 OCGでは現状類似カードが存在しないためコントロール奪取が「自分フィールドを離れる効果」に分類されるのかは不明であるが、少なくとも、「(自他を問わない)フィールドを離れる効果」扱いではない。 細かなルールが違う可能性もあるが、詳細は不明である。 前述の《HRUM-アルティメット・フォース》は、希望皇ホープをランク10のNo.にランクアップさせた後、自身をエクシーズ素材として追加するRUMだった。 OCG化にあたり、アニメで用いられたカードを召喚条件として内蔵する形となった。