フランス語版 NECH-FR023 Qliphort Helix クリフォート・ゲノム (スーパーレア) 1st Edition
5cfe3e86c3a967394bc04495

フランス語版 NECH-FR023 Qliphort Helix クリフォート・ゲノム (スーパーレア) 1st Edition

Last 1

1,200 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《クリフォート・ゲノム/Qliphort Helix》 † ペンデュラム・効果モンスター 星6/地属性/機械族/攻2400/守1000 【Pスケール:青9/赤9】 (1):自分は「クリフォート」モンスターしか特殊召喚できない。 この効果は無効化されない。 (2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は300ダウンする。 【モンスター効果】 (1):このカードはリリースなしで召喚できる。 (2):特殊召喚またはリリースなしで召喚した このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は1800になる。 (3):通常召喚したこのカードは、このカードのレベルよりも 元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果を受けない。 (4):このカードがリリースされた場合、 フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。  ネクスト・チャレンジャーズで登場した地属性・機械族の上級ペンデュラムモンスター。  クリフォート以外の特殊召喚を封じ、相手を全体弱体化するペンデュラム効果を持つ。  さらに妥協召喚のルール効果、モンスター効果を受けない永続効果、リリースされた場合に魔法・罠カードを破壊する誘発効果を持つ。  基本的には、《クリフォート・ツール》などで手札に呼び込んだ後、ペンデュラム召喚で特殊召喚してリリースに使い、魔法・罠除去効果を発動することとなる。  ペンデュラムモンスターのため、リリースされればエクストラデッキに戻り、次のターンもまたペンデュラム召喚で出せる。  このカードと《クリフォート・アーカイブ》を繰り返しリリースし、相手の場を荒らしつつ最上級クリフォートのアドバンス召喚を繰り返すのが【クリフォート】の理想的な動きである。  こちらは自分の魔法・罠カードも破壊できるため、ペンデュラムゾーンのカードを破壊してペンデュラムスケールを変えることができる。  クリフォートはペンデュラムゾーンに存在する場合、特殊召喚を制限する共通のデメリットがあるので、それを解除する目的でも使用できる。  クリフォート+クリフォート以外のペンデュラムモンスターでペンデュラム召喚を行った場合であれば、クリフォートを破壊するだけで特殊召喚制限を解除できる。  破壊されたクリフォートもエクストラデッキへ行き、無駄になりにくい。  このカードをリリースしてクリフォート以外のモンスターをアドバンス召喚しても効果は有効。  帝などアドバンス召喚に特化したモンスターを採用することも考えられる。  《クリフォート・アーカイブ》と同じく、【クリフォート】以外でも活用できる。  《天罰》等のタイミングをずらす事もできるため、アドバンス召喚のためにリリースするのも有用。 「ゲノム(Genome)」とは遺伝子、もしくは遺伝子情報を指す。 詳細は《No.8 紋章王ゲノム・ヘリター》のページを参照。 英語名の「Helix」は「螺旋」を意味し、DNAの螺旋構造を示しているのだろう。 クリフォト側のモチーフは、クリフォトを構成する第八のクリファ「ケムダー(Chamdah - 貪欲)」だろう。 ケムダーは《クリフォート・アーカイブ》の名前の元であろう「ツァーカブ(Shakah)」と横並びに配置されており、同じレベルを持ったモンスターであることを説明できる。