フランス語版 DPDG-FR039 Neo Galaxy-Eyes Cipher Dragon 超銀河眼の光波龍 (ウルトラレア) 1st Edition
5d0eaa85698fa546f8e08194

フランス語版 DPDG-FR039 Neo Galaxy-Eyes Cipher Dragon 超銀河眼の光波龍 (ウルトラレア) 1st Edition

残り1点

¥50,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

《超銀河眼の光波龍ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン/Neo Galaxy-Eyes Cipher Dragon》 † エクシーズ・効果モンスター ランク9/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3000 レベル9モンスター×3 (1):このカードが「サイファー」カードをX素材としている場合、以下の効果を得る。 ●1ターンに1度、このカードのX素材を3つまで取り除いて発動できる。 取り除いた数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを選び、 そのコントロールをエンドフェイズまで得る。 この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、 攻撃力は4500になり、カード名を「超銀河眼の光波龍」として扱う。 この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。  レイジング・テンペストで登場した光属性・ドラゴン族のエクシーズモンスター。  サイファーカードをエクシーズ素材としている場合、相手の表側表示モンスターを3体までコントロールをエンドフェイズまで得る起動効果を持つ。  正規のエクシーズ召喚は難しく効果の使用条件もあるため、《銀河眼の光波竜》に対して《RUM-光波昇華》を使う事によって出すことになる。  なお、効果を得るためにサイファーカードを指定しているため、《光波異邦臣》などをエクシーズ素材にしても効果を発動でき、蘇生から効果を使う機会もあるだろう。  効果は《銀河眼の光波竜》の上位版と言えるコントロール奪取とカード名・攻撃力の変更。  こちらはエクシーズ素材があれば3体までのモンスターを奪取できる上に、変更後の攻撃力は4500になるため、奪いきれなかったモンスターも容易く戦闘破壊できる。  《銀河眼の光波竜》同様、奪ったモンスターはリンク素材にすればコントロールを戻さずに済む。  このカードがエクストラモンスターゾーンを埋めている場合も、このカードをリンク素材に含めれば可能。  エクシーズモンスターの場合は《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》・《銀河眼の光波刃竜》などのエクシーズ素材にできるものの、このカードがエクストラモンスターゾーンを埋めている場合、リンク先が必要となる。  全てコントロール奪取しても直接攻撃できるのはこのカード1体のみなので1ターンキルは難しく、全部奪っても逆に戦闘ダメージが減ってしまう場合もある。  《銀河眼の光波竜》自体もコントロール奪取効果を持ち、こちらの効果を活かすには、相手モンスターが3体以上存在する時になる。  攻撃力以上に効果で盤上を制圧するタイプのモンスターが多い現環境で、相手モンスターが3体存在するような場合、このカードをそもそも出せない場合が多い。  また、《銀河眼の光波竜》にも《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》・《銀河眼の光波刃竜》などを重ねることができ、それらだけで対処可能な状況も多く、RUMを消費してまで使うほどではない。  また、ギャラクシーアイズとRUMを用いる場合、《CNo.107 超銀河眼の時空龍》も存在する。  あちらの方が、複数のRUMに対応し、そのRUMを他のCX・CNo.に回すこともでき、戦略の幅は大きく広い。  現状では、これらと共有ができないために優先順位が大きく下がる点が、このカードと《RUM-光波昇華》の最大の欠点となっている。  《ブラック・ガーデン》とは相性が良い。  このモンスターを出す過程でローズ・トークンを4体確保でき、このカードの効果でその内2体を奪って攻撃力4500にすれば多大な戦闘ダメージを狙える。  奪った2体で残った2体のローズ・トークンを攻撃すれば7400の戦闘ダメージが発生する。 原作・アニメにおいて― アニメARC-Vのカイトが使用するモンスター。 「カイトvsデニス」戦で初登場し、《RUM-光波昇華》によって《銀河眼の光波竜》を素材としてエクシーズ召喚され攻撃力を5000にした。 効果でデニスの《Emトラピーズ・マジシャン》と融合モンスター《Emトラピーズ・フォース・ウィッチ》をコントロール奪取した。 その後、永続魔法《光波干渉サイファー・インターフィアー》の効果で攻撃力を10000にして直接攻撃しフィニッシャーとなった。 その後も、主に速攻魔法のRUMを駆使して、自分・相手ターン問わず呼び出され、アニメARC-Vにおけるカイトのエースとして活躍している。 攻撃名は「戦慄のサイファー・ストリーム」、効果名は「サイファースーパープロジェクション」。 また、《銀河眼の光波竜》との合体攻撃名は「撃滅のダブル・サイファーストリーム」。 エクシーズ召喚時の口上は「闇に輝く銀河よ。とこしえに変わらぬ光放ち未来を照らす道しるべとなれ!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!降臨せよ、ランク9!《超銀河眼の光波龍》!」。 ZEXALシリーズで登場した「超銀河眼ネオ・ギャラクシーアイズ」の攻撃名はいずれも進化前の攻撃名の一部に「アルティメット」が付いていたものだが、このカードの攻撃名はその法則から外れている。 アニメでの効果は以下の通り。 (1):このカードが「銀河眼の光波竜」を素材としてX召喚に成功した場合、以下の効果を得る。 ●1ターンに1度、このカードのX素材を全て取り除いて発動できる。 相手フィールドの全てのモンスターのコントロールを可能な限り得る。 この効果でコントロールを得たモンスターのカード名は「超銀河眼の光波龍」として扱い、 攻撃力はこのカードと同じになり、効果は無効化される。 また、そのモンスターはこのターン攻撃できない。 ●表側表示のこのカードがフィールドから離れた時に発動する。 このカードの効果でコントロールを得たモンスターのコントロールは、元々の持ち主に戻る。 アニメの効果のままではこのカードの上に《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》等を重ねることでコントロールが相手に戻るデメリットを無視できてしまうためか、OCG化において弱体化してしまった。 「カイトvsデニス」戦で初登場したモンスターなのだが、何故か対戦相手のデニスは「その効果で奪い取ったモンスターは直接攻撃できないはず」と効果の一部を予測している。 単純に《銀河眼の光波竜》の進化系という点からそう考えたのかもしれないが、劇中描写ではデニスはカイトのデッキをある程度把握しているようなので、カイトはこのカードを過去に使用したことがあったのかもしれない。 なお、正確には奪ったターンは攻撃そのものができないので上記の台詞は正しいとは言えない。