フランス語版 DPDG-FR038 Cipher Etranger 光波異邦臣 (レア) 1st Edition
5d0eac7c1bc6e83370f52a93

フランス語版 DPDG-FR038 Cipher Etranger 光波異邦臣 (レア) 1st Edition

残り3点

¥5,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

《光波異邦臣サイファー・エトランゼ/Cipher Etranger》 † 効果モンスター 星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0 「光波異邦臣」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。 (1):このカードが手札・墓地に存在する場合、 自分フィールドの「サイファー」Xモンスター1体を対象として発動できる。 このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。 (2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 デッキから「サイファー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。  レイジング・テンペストで登場した光属性・魔法使い族の下級モンスター。  手札・墓地からサイファーエクシーズモンスターのエクシーズ素材となる起動効果、墓地へ送られた場合にサイファー魔法・罠カードをサーチする誘発効果を持つ。  (1)の効果はサイファーエクシーズモンスターのエクシーズ素材として追加させる効果。  墓地からも発動可能な上に、除外されるデメリットも無いため、繰り返しエクシーズ素材を補充させる事が可能。  ただ、サイファーエクシーズモンスターは重ねることが多いため、素材に困ることは少ない。  使うとすれば、蘇生させた後や《二重光波》を使った後のフォロー程度。  自分のターンで補充し、相手のターンで墓地に置くことで(2)の効果を使うという手もあるか。  (2)の効果は、サイファー魔法・罠カードをサーチする効果。  どこから墓地へ送られた場合でも発動でき、手札コストの他、エクシーズ素材の状態から墓地に行っても有効。  (1)の効果からつなぐことも可能だが、同じターンに同時に使うことはできない。  サーチ先の筆頭は《RUM-光波昇華》になるか。  ライトロードや《ブリリアント・フュージョン》でデッキから直接墓地へ送るのも有力。  《光波鏡騎士》も同じトリガーなので、併せて使ってもいい。  《見習い魔術師》でリクルートもできる。 レベル1なので【金華猫】に採用を見込める。 効果で《RUM-光波昇華》をサーチすることで《No.99 希望皇龍ホープドラグーン》召喚のためのRUMを確保できる。 「エトランゼ」はフランス語で「異邦人」などを意味する。 「人」を「臣」に変えているのだろう。 原作・アニメにおいて― アニメARC-Vの「カイトvsデニス」戦でカイトが使用。 《リトル・フェアリー》の効果発動の手札コストとして捨てられ、自身の効果で《RUM-光波昇華》をサーチした。 アニメでのサーチ対象はRUMだった。 (1)の効果の有無は不明だが、前のターンの時点でこのカードがあるにも関わらず《銀河眼の光波竜》のエクシーズ素材にしていないため、少なくとも手札からは素材にできなかったと思われる。 作中ではそのイラストもソリッドビジョンも登場しておらず、データ放送のモンスター紹介でのみ姿が明かされていた。