フランス語版 DPDG-FR032 Red Wyvern レッド・ワイバーン (ノーマル) 1st Edition
5d10a9da031d9f3c9a4de6c5

フランス語版 DPDG-FR032 Red Wyvern レッド・ワイバーン (ノーマル) 1st Edition

100 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《レッド・ワイバーン/Red Wyvern》 † シンクロ・効果モンスター 星6/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2000 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 (1):S召喚したこのカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、 このカードより攻撃力が高いモンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。 フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊する。 この効果は相手ターンでも発動できる。  ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ-で登場した炎属性・ドラゴン族のシンクロモンスター。  フィールドで攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊する誘発即時効果を持つ。  シンクロ召喚されてから1度だけという制約はあるものの、フリーチェーンで破壊効果を発動できる。  相手フィールドに高い攻撃力を持つモンスターがいるのならば、シンクロ召喚した直後に使用してそのまま攻め込める。  スペルスピードの関係上、シンクロ召喚に成功した時に《奈落の落とし穴》や《強制脱出装置》を発動されても除去が行える利点もある。  この効果は相手ターンにも発動できるため、メインフェイズ2にシンクロ召喚しておけば、ある程度牽制としても機能する。  対象に取られない耐性を持つモンスターにも対応できる利点もある。  ただし、《鳥銃士カステル》のようなこのカードよりも低い攻撃力で除去効果を持つモンスターを出されると、そのまま除去される恐れもある。  また、《禁じられた聖槍》等で攻撃力を変動させられると、狙いを外されたり自滅させられる危険がある点にも気をつけたい。  逆に、こちらから《アルケミー・サイクル》などの攻撃力変動カードを使うことで、ある程度発動条件や破壊対象を制御することもできなくはない。  耐性を無効にした上で微弱ながら攻撃力を上げる《禁じられた聖杯》とは相性がいい。  ドラゴン族シンクロモンスターなので《デブリ・ドラゴン》に対応しているが、同じレベル6には攻撃力が同じで除去の対象に指定がなく、蘇生しても効果を使える《瑚之龍》が存在している。  単純な汎用性ではあちらの方が勝るが、手札コストが要らない点や属性・守備力、相手ターンに発動する点を活かせれば採用の余地はある。 (1)の効果を発動しているこのカードが裏側表示になり、その後表側表示になれば再び1度だけ(1)の効果を発動する事ができるようになる。 また、《亜空間物質転送装置》の効果で除外され、フィールドに戻った場合でも再び発動できるようになる。 原作・アニメにおいて― アニメARC-Vの「遊矢vsジャック」(1戦目)でジャックが使用。 先攻1ターン目に《レッド・リゾネーター》と《レッド・スプリンター》をシンクロ素材としてシンクロ召喚される。 遊矢のターンに自身の効果で《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を破壊しようとしたが、アクションマジック《ミラー・バリア》で回避される。 そして《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》の効果で攻撃力を600まで下げられ、そのまま戦闘破壊された。 その後、《リジェクト・リボーン》で《レッド・リゾネーター》と共に蘇生され、次のジャックのターンに《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》のシンクロ素材となった。 「遊矢vsジャック」(2戦目)でも1戦目と同じシンクロ素材で同じく先攻1ターン目にシンクロ召喚されたが、効果を発動する機会はなく《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》のシンクロ素材となった。 シンクロ召喚時の口上は「赤き魂、ここに1つとなる。王者の雄叫びに震撼せよ!シンクロ召喚!現れろ、《レッド・ワイバーン》!」。 アニメでは、「相手ターンに1度、自身より攻撃力の高いモンスターが相手フィールドに2体以上存在する場合に、その中で最も攻撃力の高いモンスター1体を破壊する」効果だった。 OCGでは、複数回使えずステータスの変動による自滅の可能性ができたが、発動条件は緩くなっている。