フランス語版 DPDG-FR017 Machine Angel Ritual 機械天使の儀式 (ノーマル) 1st Edition
5d10ab351bc6e80397087ac9

フランス語版 DPDG-FR017 Machine Angel Ritual 機械天使の儀式 (ノーマル) 1st Edition

¥1,000 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

《機械天使きかいてんしの儀式ぎしき/Machine Angel Ritual》 † 儀式魔法 「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。 (1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、 自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、 手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。 (2):自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに墓地のこのカードを除外できる。  コレクターズパック-閃光の決闘者編-で登場した儀式魔法。  サイバー・エンジェルを儀式召喚する効果、光属性モンスターの破壊の身代わりとして墓地から除外する効果を持つ。  儀式魔法全般のサポートカードに加えて、《サイバー・プチ・エンジェル》・《サイバー・エッグ・エンジェル》・《サイバー・エンジェル-韋駄天-》・《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》でサーチやサルベージが行える。  (2)の耐性付与を狙うのであれば、2枚目以降を素早くサーチしておきたい。  サイバー・エンジェルが連続の儀式召喚を持ち味とする関係上、《機械天使の儀式》は3枚フルで使われる可能性もあるため、迂闊に除外してしまうと以降の展開に響く可能性もある。  そのため、耐性効果の使い所をよく見極めて使いたい。  (2)の効果目当てで【光属性】に採用することも考えられる。  【ライトロード】であれば無作為にこのカードを墓地へ送ることができ、《裁きの龍》が苦手とする《奈落の落とし穴》等を防げる。  また、《裁きの龍》の全体除去から自分の光属性を守る事もできる。  《PSYフレームロード・Ω》ならば、このカードで耐性を得つつ除外されたこのカードを墓地へ戻す事ができる。  手札に来た場合、《ライトロード・サモナー ルミナス》や《召喚僧サモンプリースト》のコストにしてしまうと良い。 原作・アニメにおいて― アニメGXにて、明日香がサイバー・エンジェルを儀式召喚する際に使用。 初登場は「明日香vs万丈目」(1戦目)で、《おジャマトリオ》のおジャマトークン3体と《おジャマ・キング》の効果によって全てのモンスターゾーンを封鎖された危機的状況で発動。 おジャマトークン3体を生け贄にしてダメージを回避しつつ、《サイバー・エンジェル-弁天-》を儀式召喚して勝利に繋げた。 以後もGX2期で行われた明日香のデュエルのほぼ全てで発動され、多くのデュエルではサーチを活かして1度のデュエル中に2回、3回の発動が行われている。 アニメでは(2)の効果はなく、(1)の効果で生け贄に捧げるモンスターのレベルは降臨するモンスターと同じ必要があった。 また、イラストは影の形が異なっている。 アニメGXでは、《サイバー・プチ・エンジェル》や《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》でのサーチから発動されることが多い。 《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》適用中にこのカードを発動した場合、フィールドの教会が広がるように機械化する(机・床・壁などが金属製に変わる)演出がある。 漫画・アニメ・ゲーム等を含めた全てのカードの中で、儀式召喚先にカテゴリを指定する初の儀式魔法である。 また、《大地讃頌》のようなカード名を参照しないものを除くと、複数種の儀式モンスターに対応する初の儀式魔法でもある。 なお、OCGで初めて登場したのはカテゴリ指定が《リチュアの儀水鏡》、複数種に対応するのが《エンド・オブ・ザ・ワールド》である。 アニメARC-Vの「明日香vs補導員3人組」戦でも、アニメGXと同じ効果(ただしテキストは作中、イラストはOCG準拠)のこのカードを明日香が使用。 《エトワール・サイバー》と《サイバー・プリマ》をリリースし、《サイバー・エンジェル-美朱濡-》を儀式召喚した。 ARC-Vではレアリティがスーパーレアだったが、GXでも元々スーパーレアとしての扱いだったのか、ARC-Vの作中ではスーパーレアなのかは不明である。 コナミのゲーム作品において― タッグフォースシリーズでは2からOCGに先駆け、アニメGX版と同じ効果でオリジナルカードとして収録されている。 2017年10月17日にデュエルリンクスの公式にて、11月6日からこのカードがLIMIT1となることが告知された。 (OCGの制限カードとは異なり、「複数あるLIMIT1のうちから1枚だけをデッキに入れることができる」という規制である。) デュエルリンクスではサイバー・エンジェルのアドバンテージ回復能力と、このカードによる破壊耐性はあまりにも時代を先取りしすぎていたため、瞬く間にランク戦で大流行し環境を制圧する結果となった。 そのため、登場から僅か3週間程という異例の速さでの規制が発表されるという事態になってしまった。 しかし、その後もサイバー・エンジェルの環境での勢いは衰えを見せず、2018年1月9日には《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》と共にLIMIT2に変更された。 (これにより、《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》と共にデッキに入れる場合は1枚ずつしか入れられないこととなった。)