フランス語版 DPDG-FR045 Cipher Spectrum 光波分光 (ノーマル) 1st Edition
5d111f13eb3ef90fc3dd76b3

フランス語版 DPDG-FR045 Cipher Spectrum 光波分光 (ノーマル) 1st Edition

100 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《光波分光サイファー・スペクトラム/Cipher Spectrum》 † 通常罠 (1):自分フィールドのX素材を持った「サイファー」Xモンスターが 戦闘または相手の効果で破壊され自分の墓地へ送られた場合、 そのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを墓地から特殊召喚し、 そのモンスターと同名のXモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。  レイジング・テンペストで登場した通常罠。  エクシーズ素材を持ったサイファーエクシーズモンスターが破壊され墓地へ送られた場合にそのモンスターを蘇生し、同名カードをエクストラデッキから特殊召喚する効果を持つ。  サイファーエクシーズモンスターはいずれも攻撃力が3000以上であり、相手が戦闘破壊を狙ってくるとは考えにくい。  そのため、自爆特攻から狙うか、相手の効果による破壊をトリガーとすることになる。  しかし、破壊以外の除去手段も多く、相手に依存するため安定して使えるとは限らない。  相手がサイファー以上の攻撃力をもつモンスターを使用していない場合でも、サイファーを弱体化させて自爆特攻させることで、攻撃力3000以上のモンスターを2体特殊召喚して追撃できる。  元々の攻撃力で上回るモンスターがいる場合は、2体特殊召喚した後に《オネスト》などを併用する手もある。  《二重光波》と比較すると、エクシーズモンスター2体並ぶ点は同じだが、こちらはリンクモンスターを使う必要はない。  しかし、結局は《二重光波》と同様、ギャラクシーアイズエクシーズモンスターに何かしらのモンスターを重ね、そのモンスター効果のコストとして消費したギャラクシーアイズを蘇生させた方が能動的に使える分使いやすい。 イラストでは、名前の通りプリズムで光を分散させている。 原作・アニメにおいて― アニメARC-Vの「黒咲vsカイト」戦でカイトが使用。 《RR-ブレイズ・ファルコン》の効果で《銀河眼の光波竜》が破壊された時に発動され、2体の《銀河眼の光波竜》をフィールドに展開した。 アニメでは自分のカードの効果で破壊しても発動でき、エクストラデッキからは召喚条件を無視して特殊召喚するものだった。