フランス語版 DPDG-FR020 Dark Resonator ダーク・リゾネーター (ノーマル) 1st Edition
5d13d4da698fa55d4893faa2

フランス語版 DPDG-FR020 Dark Resonator ダーク・リゾネーター (ノーマル) 1st Edition

100 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《ダーク・リゾネーター/Dark Resonator》 † チューナー・効果モンスター 星3/闇属性/悪魔族/攻1300/守 300 (1):このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。  THE DUELIST GENESISで登場した闇属性・悪魔族の下級モンスターのチューナー。  1ターンに1度までの戦闘破壊耐性の永続効果を持つ。  レベル3のチューナーとしては、闇属性としても悪魔族としても、アドバンテージを稼げる効果や他のカードと連携する効果ではない。  戦闘破壊耐性も悪くはないが1度のみと安心できる訳ではなく、貫通効果にも弱い。  またリゾネーターとしてもライバルが多く、総じて微妙な立ち位置となっている。  優先するなら属性・種族を有効活用したい。  《魔界発現世行きデスガイド》に対応するのは他のレベル3リゾネーターと同じだが、このカードの場合扱いやすい闇属性サポートカードなどが利用できる点が利点となる。  また闇属性縛り付きのシンクロ素材にできるリゾネーターは他にはレベル1の《シンクローン・リゾネーター》しかおらず、こちらも十分に有力候補となり得る。  《バグマンX》等を軸としたデッキでは、《魔界発現世行きデスガイド》・《ダーク・バースト》を共有しつつ、《リゾネーター・エンジン》で《スーパーバグマン》をサーチするといった動きが可能である。 大会開催店舗限定パック、DUEL TERMINAL -ワームの侵攻!!-、ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ-の3種類のパターンが異なるパラレルレア仕様が存在する。 レベル、属性、攻撃力が《ジャンク・シンクロン》と同じで、守備力もほぼ同じ。 使用者もライバルであることから対のような存在なのかもしれない。 さらに言えば、《BF-疾風のゲイル》とも同様の関係がうかがえる。 また、《BF-疾風のゲイル》も大会開催店舗限定パックでN-Parallel仕様のカードであるという共通点がある。 原作・アニメにおいて― アニメ5D'sにおいてジャックが頻繁に使用するチューナーの1体。 《ビッグ・ピース・ゴーレム》や《バイス・ドラゴン》のような半上級モンスターと共に、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のシンクロ素材となる事が多い。 特にこのカードと《バイス・ドラゴン》を1ターンで召喚して《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に繋げるというパターンは、ジャックの定番の戦術となっている。 他に「ジャックvs牛尾」戦では《ダブル・プロテクター》と共に《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》のシンクロ素材となっている。 アニメ5D'sラストデュエルとなる「遊星vsジャック」(4戦目)でも登場しており、《チェーン・リゾネーター》の効果でリクルートされ、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》のシンクロ素材となった。 「ジャックvs偽ジャック」(1戦目)では偽ジャックも使用。 《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》の効果により破壊されるが、その後《強化蘇生》によりレベル4となって蘇生され、《マッド・デーモン》と共に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のシンクロ素材となった。 頻繁に登場しているものの、戦闘破壊耐性を発揮したことは1度しかない。 召喚直後にシンクロ素材として使われる事がほとんどである上、著名人のジャックが頻繁に使用したことで相手も効果を分かっているからだろう。 事実、このカードが攻撃されたのは上記の通り効果破壊を行える《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》のみである。 シンクロ召喚時には手に持っている音叉を鳴らす演出をする。 デュエリストボックス同梱DVDでの「遊星vsジャック」戦でもジャックが使用。 お馴染みの《バイス・ドラゴン》と共に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のシンクロ素材となっている。 アニメARC-Vでもジャックが使用している。 「ジャックvsセルゲイ」戦では、通常罠《赤き魂レッド・ソウル》のコストとして、《レッド・ウルフ》と共に手札から墓地へ送られた。 「権現坂&ジャックvsズァーク」戦では、通常罠《幻影調和ヴィジョン・シンクロ》の効果で《レッド・スプリンター》・《ネット・リゾネーター》と共に手札から墓地へ送られ、3体で《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》のシンクロ素材となった。 アニメ5D'sの「遊星vsジャック」(4戦目)での通常罠《ブレイク・チューン》、漫画5D'sの「ジャックvsレクス・ゴドウィン」戦での魔法カード《オーバー・チューニング》のイラストにそれぞれ描かれている。 コナミのゲーム作品において― DUEL TERMINALでは、このカードと《ビッグ・ピース・ゴーレム》をスキャンすると隠しデッキ「ジャック⇔キング」が使用できる。 デュエルリンクスでは、ジャックが最初から取得でき、デュエル開始前に発動する専用スキル「赤き竜の痣:ドラゴン・ウィング」では、エクストラデッキの《レッド・デーモンズ・ドラゴン》と共にこのモンスター2枚がデッキに追加投入される。 ジャックのキャラゲット後はレベルアップ報酬で入手できるものの、ゲームの仕様上現時点では2枚までとなっており、このモンスター自体もチューナーとしての汎用性・拡張性に優れているわけでは無いので、スキル「赤き竜の痣:ドラゴン・ウィング」と併用しても最大4枚投入できる利点を活かしにくいのが難点といえる。