フランス語版 FIGA-FR028 Fire Formation - Tenki 炎舞-「天キ」 (シークレットレア) 1st Edition
5d6675558606484b7c75ccfd

フランス語版 FIGA-FR028 Fire Formation - Tenki 炎舞-「天キ」 (シークレットレア) 1st Edition

Last 3

450 JPY

Free shipping

About other shipping cost

《炎舞えんぶ-「天テンキ」/Fire Formation - Tenki》 †  ※「キ」は機種依存文字のためカタカナで代用しています。正しくは玉偏に幾。 永続魔法 「炎舞-「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。 (1):このカードの発動時の効果処理として、 デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。 (2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、 自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。  COSMO BLAZERで登場した永続魔法。  炎舞の1枚であり、下級獣戦士族をサーチする効果、獣戦士族を強化する効果を持つ。  発動時に下級の獣戦士族モンスター1体をサーチするため、獣戦士族版の《増援》と言える。  サーチする種族の違いに加え、こちらは永続魔法でありバウンス等で再利用できる点や微弱な全体強化効果を持つ点が異なっている。  一方で《サイクロン》等をチェーンされるとサーチできない点は《増援》に劣っているが、アドバンテージの観点では1:1交換に収まる。  永続魔法でありバウンスするカードとは相性が良く、1ターンに1枚までだが、サーチ効果を繰り返し使用できる。  特にディスアドバンテージなくバウンスでき、獣戦士族と《烏合の行進》が共有できる《霞の谷のファルコン》は好相性と言える。  発動後は炎星のコストとするにもうってつけであり、特に《暗炎星-ユウシ》は互いにサーチし合いつつ除去効果発動のコストにもなるため相性は良い。  全体強化効果の数値は微弱だが、獣戦士族はアタッカーが多いため影響力は意外に大きく、先出ししておけば相手の《ライオウ》にも対抗できる。  戦闘破壊がアドバンテージに直結する《コアキメイル・クルセイダー》等ならば尚更である。  変わったところでは《ネコ耳族》をこのカードでサーチすれば、戦闘破壊に関してのみとなるものの、強固な壁となる。  総じて、【獣戦士族】系デッキの回転を支えるキーカードと言える。  【炎星】を筆頭に、数多くの獣戦士族下級モンスターが要となるデッキへの投入が推奨される。  前述したように強いシナジーを持つ《暗炎星-ユウシ》とのセットや、優れたアドバンテージ源となる十二獣との出張採用も検討できる。 このカードの登場で、獣戦士族は一転して下級モンスターのサーチが容易な種族という評価を受けるようになった。 元々戦闘力が高い代わりにサポートが少ないという評価だったため、(2)の効果も侮れない強化になっている。 環境において【炎星】のキーカードとして活躍したことで、13/09/01で準制限カードとなった。 その後は【炎星】の活躍が見られなかったためか、14/07/01で制限解除された。 だが、2年後には【十二獣】とその派生デッキが環境で活躍したため、17/01/01にて初めて制限カードにまで指定された。 その後、【十二獣】大幅規制にあわせて17/04/01で準制限カードに緩和され、17/10/01に制限解除された。 準制限カードが一度無制限を経てから制限カードに規制強化されるという流れは同じサーチカードの《増援》を彷彿とさせる。 あちらと比べると、獣戦士族カテゴリの主要パーツが規制されるとこのカード自体は緩和される傾向にある。 戦士族と獣戦士族の種類数や単体での汎用性の違いだろう。 「天キ」とは、北斗七星を構成する星の1つであるおおぐま座のγ星「フェクダ」の中国での呼び名である。 原作・アニメにおいて― Dチーム・ゼアルの「遊馬vs激翔太」戦において、翔太が使用。 効果により《捷炎星-セイヴン》を手札に加えた。