イタリア語版 RIRA-IT005 DMZ Dragon DMZドラゴン (ノーマル) 1st Edition
5d75c3d9bdc39a641bc17ada

イタリア語版 RIRA-IT005 DMZ Dragon DMZドラゴン (ノーマル) 1st Edition

¥100 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

《DMZディーエムゼットドラゴン/DMZ Dragon》 † 効果モンスター 星4/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守2000 (1):1ターンに1度、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体と 自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。 対象の墓地のモンスターを攻撃力500アップの装備カード扱いとして、 対象のフィールドのモンスターに装備する。 (2):装備カードを装備した自分のモンスターが攻撃したダメージステップ終了時に、 墓地のこのカードを除外して発動できる。 その自分のモンスターの装備カードを全て破壊する。 破壊した場合、そのモンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。  RISING RAMPAGEで登場した闇属性・ドラゴン族の下級モンスター。  自分フィールドのドラゴン族に墓地の下級ドラゴン族1体を装備させる起動効果、攻撃を行なったモンスターの装備カードを破壊し、続けて攻撃させる誘発効果を持つ。  (1)はフィールドのドラゴン族に墓地の下級ドラゴン族を装備させる効果。  サイバー・ダークと似ているが、攻撃力上昇は500固定であり、ドラグニティなどの装備カード状態で発揮する効果や、墓地へ送られた場合の効果とのコンボが狙いとなる。  このカードに《ドラグニティ-ファランクス》を装備して特殊召喚すればレベル6のシンクロモンスターやリンク2につなぐことが可能。  《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》ならば属性・種族が共通するため、《デリンジャラス・ドラゴン》などのリンク召喚もできる。  (2)は攻撃したモンスターの装備カードを破壊して連続攻撃を付与する効果。  (1)の効果で装備させたモンスターや高い攻撃力を持ち、自身の効果で装備カードを装備できる《ヴァレルロード・S・ドラゴン》・《真紅眼の黒刃竜》等が狙い目となる。  この効果はドラゴン族に関連しないため、直接墓地へ送って発動機会を窺うのもいいだろう。  ただし、装備カードにより攻撃力が上昇している場合はそれらが全て破壊されるため、思うように戦闘ダメージが与えられない場合がある。  種族・属性の関係から相性がいいとは言えないが、【聖騎士】であれば破壊された聖剣装備魔法を再び装備することができる。  (1)の効果で装備させた後、それを破壊して(2)の効果につなぐにはフィールドに出したこのカードを墓地へ送る必要がある。  リンク先が確保できているなら《守護竜エルピィ》などのリンク素材にすれば楽にできる。  しかし、アタッカーとしたいシンクロモンスターやエクシーズモンスターがエクストラモンスターゾーンにいる場合はリンク素材として墓地へ送る手は使えないため、ほかのカードを使うか、最悪自爆特攻することになる。 連続攻撃を付与する効果としては珍しく、トリガーとなる攻撃も続けての攻撃も、攻撃対象はモンスターである必要がない。 「DMZ」は「非武装地帯」を表す「DeMilitarized Zone」の略であり、対立する2つ以上の勢力がいずれも軍事活動を行なえないように条約や協定で定めた地域を指す。 そこから転じて、外部からのアクセス及び内部からの管理を利便的に行うために、ネットやサーバーの間に設けられるネットワーク領域も意味する。 ただし(1)は武装、(2)は武装解除してからの追加攻撃とやっていることがモチーフの逆になっている。 下記のアニメでは(2)にあたる効果しかなかったので、武装解除という点はモチーフ通りだが、追加攻撃している点でモチーフとはイメージが異なる。 原作・アニメにおいて― アニメVRAINSの「了見/リボルバーvs道順/ブラッドシェパード」戦でリボルバーが使用。 《ゲートウェイ・ドラゴン》の効果で特殊召喚され、直後に《チェックサム・ドラゴン》も合わせた3体で《トポロジック・トゥリスバエナ》のリンク素材となった。 その後、自身の効果を発動し、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の装備カードとなっていた《トポロジック・トゥリスバエナ》を破壊し、あちらに連続攻撃を付与した。 アニメ版では(1)の効果は無かった。