イタリア語版 RIRA-IT051 Link Back リンク・バック (ノーマル) 1st Edition
5d75c531ee3ba902eeb6e2fa

イタリア語版 RIRA-IT051 Link Back リンク・バック (ノーマル) 1st Edition

¥100 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

《リンク・バック/Link Back》 † 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):EXモンスターゾーンの自分のリンクモンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターの位置を、そのリンク先となる自分のメインモンスターゾーンに移動する。 その後、そのモンスターのリンクマーカーの数だけ、 自分のデッキの上からカードを墓地へ送る事ができる。  RISING RAMPAGEで登場した通常魔法。  エクストラモンスターゾーンのリンクモンスターをリンク先のメインモンスターゾーンへ移動させ、その後リンクマーカーの数だけデッキのカードを墓地へ送る効果を持つ。  リンク先に移動させる点は《パラレル・パンツァー》などと似ているが、エクストラモンスターゾーンのモンスターに限定される分腐る可能性が出てくる。  エクストラモンスターゾーンを空けつつ、墓地を肥やすのが狙いとなる。  高リンクであれば右下、下、左下方向のいずれかのリンクマーカーに加えて左右のリンクマーカーを持つことも少なくないので、墓地へ送る枚数を増やしつつリンク先を増やすことも狙いやすい。  ただ、1枚の除去ができる《パラレル・パンツァー》に比べ、得られるリターンが最大5枚の墓地肥やしであり、確実性が薄いのがネック。 原作・アニメにおいて― アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsアース」戦でPlaymakerが使用。 《リンクリボー》を対象に発動し、カードの位置を動かした上でデッキトップの《フリック・クラウン》を墓地へ送った。 また、エクストラモンスターゾーンを空ける事で、《サイバネット・フュージョン》の墓地融合に繋げている。 アニメ版では、同名カードの発動制限は無く、墓地肥やしは強制効果であった。