スペイン語版 LED4-SP012 Cyber Angel Izana サイバー・エンジェル-伊舎那- (スーパーレア) 1st Edition
5d9c6376220e751dfe742604

スペイン語版 LED4-SP012 Cyber Angel Izana サイバー・エンジェル-伊舎那- (スーパーレア) 1st Edition

Last 1

200 JPY

Free Shipping Over 100,000 JPY

About shipping cost

《サイバー・エンジェル-伊舎那いざな-/Cyber Angel Izana》 † 儀式・効果モンスター 星8/光属性/天使族/攻2500/守2600 「機械天使の儀式」により降臨。 (1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。 (2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。 このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。 (3):1ターンに1度、自分フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。 自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、 相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。  デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-で登場した光属性・天使族の儀式モンスター。  相手プレイヤーに魔法・罠カードの墓地送りを強要する誘発効果、自身が戦闘破壊に成功した場合に連続攻撃できる永続効果、相手フィールドのカードを破壊する誘発即時効果を持つ。  (1)の効果は儀式召喚に成功した場合に相手の魔法・罠カードを墓地へ送らせる効果。  《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》と同じく「相手に墓地送りを強制する」効果であり、多くの耐性を突破できる。  ただ、近年の環境では永続カードや伏せカードの採用率が著しく低下しているため、モンスターを除去できる《サイバー・エンジェル-荼吉尼-》と比べると優先度は下がるか。  また、フリーチェーンの伏せカードを使われるとそれを墓地へ送れるため、実質消費0で回避されてしまう。  (2)はモンスターに対する連続攻撃効果。  攻撃力2500はやや物足りない数値であり、《サイバー・エンジェル-韋駄天-》や《オネスト》による強化も狙いたい。  (3)はサイバー・エンジェル儀式モンスターを対象とする効果の発動をトリガーに、墓地の儀式モンスターをデッキに戻し相手のカードを破壊する効果。  相手のカードを破壊することによって損害は与えられるが、その効果を無効にするわけではないので牽制としてはやや不十分か。 カード名は「伊舎那天」から来ているのだろう。 「伊舎那天」は仏教を守護する12の天尊・十二天のうちのひとつで、ヒンドゥー教のシヴァと同一視される。