英語版 LED5-EN052 Starving Venom Fusion Dragon スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン (レア) 1st Edition
5d9dae8b5b61b406c6a38079

英語版 LED5-EN052 Starving Venom Fusion Dragon スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン (レア) 1st Edition

100 JPY

Free Shipping Over 100,000 JPY

About shipping cost

《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン/Starving Venom Fusion Dragon》 † 融合・効果モンスター 星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守2000 トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2 (1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、 その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。 (2):1ターンに1度、相手フィールドの レベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。 エンドフェイズまで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。 (3):融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。  インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性・ドラゴン族の融合モンスター。  融合召喚に成功した場合に特殊召喚された相手モンスター1体の攻撃力分だけ強化できる誘発効果、相手のレベル5以上のモンスターのカード名と効果をコピーする起動効果、融合召喚された自身が破壊された場合に相手の特殊召喚されたモンスターを全て破壊できる誘発効果を持つ。  融合素材は闇属性2体と緩いが、フィールドに存在している必要がある。  そのため、手札融合はもちろん、《龍の鏡》等の墓地融合にも対応せず、従来の融合召喚とは異なる動きになる。  その性質から、このモンスターの融合召喚を重視するなら、フィールド融合に限定される《置換融合》・《超融合》・《ラピッド・トリガー》等を優先すべきだろう。  モンスターを複数フィールドに並べる手段については、シンクロ召喚・エクシーズ召喚の際の動きがそのまま応用できる。  しかし、裏を返せば《融合》1枚分の消費を抑えてのエクシーズ召喚・リンク召喚等もできるため、明確な意図がなければ消費の重さが目立ってしまう。  シンクロ召喚軸の場合、《ドロドロゴン》を経由することで《融合》を採用せずとも融合召喚ができる。  【ムーンライト】や【ファーニマル】等の《融合》を採用する闇属性の多いデッキで使いやすいと言える。  【捕食植物】でもフィールドに融合素材を揃えやすく、《捕食植物サンデウ・キンジー》の効果で相手モンスターを除去しつつ融合召喚出来るため相性が良い。  【シャドール】も属性・効果の面で非常に好相性にも見えるが、《影依融合》等の専用カードからでは出せないため、採用するにはやや調整を要する。  闇属性ペンデュラムモンスターを数多く採用するデッキに《EMトランプ・ガール》を積む事でも融合召喚しやすくなる他、《EMオッドアイズ・ディゾルヴァー》を用ればペンデュラムゾーンのカードと融合召喚が可能。  《ペンデュラム・フュージョン》を使用すれば、ペンデュラムゾーンに両方共カードが揃っている場合はフィールドのモンスターを使わずにペンデュラムゾーンの闇属性モンスターのみでの融合召喚も可能となる。  《ドラコネット》・《レスキューキャット》・《レスキューラビット》などのリクルーターも融合素材調達役に向いている。  《魔界発現世行きデスガイド》からリクルートできる《クリッター》のように、エクシーズ素材にすると発動できない効果を狙えば融合素材にする利点を見いだせる。  《ジャンク・シンクロン》ならば手札に応じて融合召喚するか、《シンクロ・フュージョニスト》を蘇生してシンクロ召喚し《融合》等をサーチするか選べ、安定した流れが作りやすい。  《スケープ・ゴート》など、レベル1モンスター2体を容易に調達できる手段から《リンクリボー》2体をリンク召喚する手もある。  (1)の効果は融合召喚したターン限定の攻撃力アップ。  特殊召喚されたモンスター限定だが、攻撃表示なら戦闘破壊しつつこちらの攻撃力分の戦闘ダメージを通せるようになる。  類似する効果は《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》等豊富にあり、エクシーズ召喚より消費が増えてしまう。  だが、対象をとらない効果なので対象を取る効果に耐性のあるモンスターも突破できる点は評価できる。  (2)の効果は相手のレベル5以上モンスターの効果とカード名をコピーする効果。  相手フィールドにレベル5以上のモンスターがいなければ意味がなく、有効に使えるかどうかは相手のデッキに大きく左右される効果である。  融合召喚したターンならば(1)により攻撃力が大きく上昇しているため、戦闘に関する効果をコピーすると高い爆発力が得られる。  戦闘を通しやすい無効効果も狙い目だが、こちらの効果自体が無効にされる可能性もある。  また、コピーするだけで相手の効果を無効にはせず、耐性などはそのまま残っているので留意したい。  なお、この効果のみ融合召喚以外でも使える。  変わったところでは、コピーしたいモンスターを相手に送りつけるのもよい。  (3)は破壊された場合に相手の特殊召喚されたモンスター全てを道連れにする効果。  戦闘やモンスター効果で除去されても相手に損害を与えられ、(1)、(2)の効果で既にアドバンテージを取っているなら相手に与えられる損害は大きなものになる。  自分のカードで破壊してもよいため、《オッドアイズ・フュージョン》や複数の闇属性モンスターをサーチできる《天空の虹彩》との相性は悪くない。  しかし、(1)や(2)の効果もある事を考えると、相手の破壊への牽制として働く面が大きい。 初となる、融合召喚する際の融合素材を特定の場所から要求する融合モンスター。 ちなみに、プレイヤーを指定せず「フィールド」としか指定していないが、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》と異なり自身を特殊召喚する効果はない。 融合召喚する効果を持つカードが自分フィールドを指定しているため、基本的に相手モンスターは融合素材にできない。 相手モンスターも融合素材にする場合は、《超融合》のように相手フィールドも指定するものでなければならない。 《チェーン・マテリアル》適用中に融合召喚する場合も、融合素材はフィールドからでなければいけない。 《融合解除》や《超越融合》の効果で融合素材一組を蘇生させることはできない。 墓地のモンスターはフィールドのモンスターとして扱われず、「トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2」一組が揃っている扱いではないからである。 一方で、融合素材となり墓地へ送られたという情報はそのままなので《融合回収》や《ブランチ》には対応している。 ヴェノムに属しているため、【ヴェノム】に採用してみるのも面白い。 《ヴェノム・スワンプ》により(1)の効果の上昇値が少なくなるが、この場合相手モンスターの攻撃力も低下しているため問題となるケースは少ない。 《ヴェノム・スワンプ》を(3)の効果のトリガーにはできないものの、元々【ヴェノム】は相手がヴェノムカウンターの乗ったモンスターを素材に特殊召喚を行いやすいためシナジーはある。 素材となる闇属性には《ヴェノム・サーペント》や《毒蛇王ヴェノミノン》はもちろん、《キングレムリン》や《カゲトカゲ》など相性の良いものが多数いるので、特殊召喚を牽制しつつも攻撃力の低下しないアタッカーとなれる。 変わったところでは【テラナイト】での採用も検討できる。 テラナイトは光属性主体のテーマであり、融合召喚のギミックもなく相性が良くないように見えるが、《煉獄の騎士 ヴァトライムス》の登場によってそれが可能となった。 《超融合》を使えば手札コストで《煉獄の騎士 ヴァトライムス》や《星因士 アルタイル》の効果を補助しつつ、相手のモンスターを確実に2体処理できる。 デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-再録の際にエラッタされ、(2)の効果が切れるタイミングが「ターン終了時」から「エンドフェイズ」に変更されている。 「カード名をコピーする効果」の中で、このカードのみリセットされるタイミングがターン終了時までとなっていたのだが、この変更により他のカードと同一の扱いとなった。 旧テキストではコピーした効果がエンドフェイズに発動・適用する効果だった場合は必ず処理を行わなければならなかった。 エラッタにより、発動・適用させたくない効果の場合は先にこちらの処理を終える事で回避できるようになったため、有用性が上がった。 環境においては専ら効果よりも融合素材の緩さが活かされやすく、闇属性中心のデッキが環境で活躍すると《超融合》と共にサイドデッキ・エクストラデッキに用意されやすい。 とは言え比較的ステータスが高く、効果自体もそこそこ汎用性が高いため、融合召喚後は有用なアタッカーとして使えるのも評価されている要因の1つではある。 「スターヴ(starve)」とは、「飢える」を意味する動詞。 下記のアニメにおける口上にも含まれている。 原作・アニメにおいて― アニメARC-Vにてユーリが所持するエースモンスター。 カード名が明らかになったのはシンクロ次元にてユーリがユーゴから逃走する際である。 デュエルでの初登場はその後の「ユーゴvsユーリ」(1戦目)。 ユーリの後攻1ターン目に手札の《捕食植物フライ・ヘル》と《捕食植物モーレイ・ネペンテス》を融合素材に融合召喚されたが、直後にデュエルが中断した。 「ユーリvs遊勝塾生5人組」戦で初めて攻撃および効果を使用。 《スーパービークロイド-ジャンボドリル》・《マスター・オブ・OZ》・《おジャマ・キング》・《VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン》の攻撃力を自身に加えて13000まで攻撃力を上げた。 そして、《スーパービークロイド-ジャンボドリル》の貫通効果を得て、塾生1人に直接攻撃を加えて倒す。 さらに《捕食植物スキッド・ドロセーラ》で連続攻撃の能力を得て、前述の融合モンスター全てを戦闘破壊しフィニッシャーとなった。 「ユーゴvsユーリvsエド&カイト」戦では《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の融合素材となっている。 その後、ズァークの手に渡り、「vsズァーク」戦の一連のデュエルにおいて《アストログラフ・マジシャン》の効果で除外された。 ズァーク消滅後も、ズァークが憑代としていた遊矢の手元に残り、「遊矢vsジャック」(3戦目)以降は遊矢が使用している。 「遊矢vs零児」(3戦目)では《覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン》の融合素材となっている。 アニメでのテキストは以下の通り。 闇属性モンスター×2 (1):このカードがフィールドのモンスターのみを素材として 融合召喚に成功したターンに発動できる。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターの攻撃力の合計分アップする。 (2):1ターンに1度、相手フィールドの レベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、その相手モンスターの効果は無効化され、 このカードはその対象の相手モンスターの効果を得る。 (3):このカードが破壊された場合に発動できる。 相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊し、 その攻撃力の合計分のダメージを相手に与える。 流石にこのままでは融合素材の指定が緩い割には強すぎるので、いずれの効果もOCG化の際に弱体化している。 召喚条件も厳しくなっており、手札融合や墓地融合ができなくなったことでフィールドに出すのに一工夫求められるようになっている。 (3)の効果は劇中で1度も発動されていないが、「ユーゴvsユーリvsエド&カイト」戦や「遊矢vsユーリ」戦で効果の存在は示唆されている。 ユーリ自身はこの効果の存在を対戦相手にわざと教えることで挑発と牽制を兼ねていた。 前者はこの効果の存在により《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》のモンスター効果の発動を間接的に封じたが、後者はユーリの思惑を外れて効果が発動する前に戦闘ダメージで敗北している。 「遊矢vs零児」(3戦目)では、《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》に攻撃を受けた際に、アクションカードで防いでいる。 そのまま戦闘破壊されていれば(3)の効果を発動でき、相手モンスターを全滅させた上にバーンダメージで勝利することができた。 同じく、「遊矢vs零児」(3戦目)では《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》の効果で破壊されているのだが、何故か(3)の効果は発動していない。 なお、仮に発動できていたとしても《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》の効果により破壊できなかったため、どの道デュエルの流れには影響はない。 ユーリの融合召喚時の口上は「魅惑の香りで虫を誘う二輪の美しき花よ!今ひとつとなりて、その花弁の奥の地獄から、新たな脅威を生み出せ!融合召喚!現れろ!飢えた牙持つ毒龍。レベル8!《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》!」 基本的に、ARC-Vの融合召喚の口上前半部では融合素材を例える言葉が個別に使われることが多く、融合素材が変わればその口上部分も変化する。 しかし、このカードをユーリが扱う場合は捕食植物全般を示すような言葉であり、融合素材が変わろうとも召喚口上に変化がない。 遊矢の融合召喚時の口上は「(融合素材を例える言葉1)よ。(融合素材を例える言葉2)と1つとなりて、新たな道を指し示せ!融合召喚!現れろ!《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》!」 ただし「遊矢vsジャック」(3戦目)では「1つと」の言葉は無かった。 また、融合召喚時のポーズがユーリの時と同じように掌を自分の前でぴったりくっつけるものになっている。 ユーリがこのカードを融合素材とする場合の融合召喚時の口上では「飢えた牙持つ毒龍」、遊矢の口上では「毒持つ竜」と称されている。 尾の部分で相手を打ち付ける、触手を伸ばして噛み砕く、羽を広げてビームを撃つなど、複数の攻撃モーションが見られる。 最初のモーションは直接攻撃で見せているため、絵的な問題も考慮されての事なのかもしれない。 遊矢の《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》・ユートの《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》・ユーゴの《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》とは密接な関係がある。 詳しくは《オッドアイズ・ドラゴン》を参照。 このカードのみ他の3体より攻撃力が高く、レベルも《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》・《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》より1つ高い。 ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!の「遊矢vsユーゴvsユートvsユーリ」戦でユーリが使用。 手札の《捕食植物フライ・ヘル》と《捕食植物モーレイ・ネペンテス》を融合素材に融合召喚された。 通常魔法《紫毒の茨牙》のトリガーとなりユーゴとユートのライフを0にした。 上記の《紫毒の茨牙》はこのカードが存在する場合に手札コストを払う事で発動でき、このカードの攻撃力以下のモンスター全てを破壊してこの効果で破壊され墓地に送られたモンスターのコントローラーはその合計分のダメージを受けるというこのカードのサポートカードであった。