英語版 LED5-EN024 Ascator, Dawnwalker 使神官-アスカトル (ウルトラレア) 1st Edition
5d9db050bc45ac09174fa3da

英語版 LED5-EN024 Ascator, Dawnwalker 使神官-アスカトル (ウルトラレア) 1st Edition

400 JPY

Free Shipping Over 100,000 JPY

About shipping cost

《使神官ししんかん-アスカトル/Ascator, Dawnwalker》 † 効果モンスター 星5/地属性/魔法使い族/攻2300/守1500 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。 その後、手札・デッキから「赤蟻アスカトル」1体を特殊召喚できる。 この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。  デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-で登場した地属性・魔法使い族の上級モンスター。  自身を手札から特殊召喚し、追加で《赤蟻アスカトル》を特殊召喚できる起動効果を持つ。  《赤蟻アスカトル》がレベル3チューナーなので即座にレベル8のシンクロ召喚が可能になる。  レベル8のシンクロモンスターは質が高く、召喚権を使わないため更なるシンクロ召喚に繋いだりと強い動きが期待できる。  レベル8のシンクロモンスターを出せる汎用的なカードとして【シンクロ召喚】に《赤蟻アスカトル》と共に出張するのも良い。  《PSYフレームロード・Ω》ならば自身を除外した後に、更にシンクロ召喚も狙える。  【インティ&クイラ】では《赤蟻アスカトル》を指定する《太陽龍インティ》をスムーズに出せるため必須カードとなる。  手札から発動する効果であるため《エフェクト・ヴェーラー》や《無限泡影》で妨害されないのも利点。  【インティ&クイラ】と相性の良い《スキルドレイン》とも併用できる。  ただし、制約が「発動するターン」なので同一ターンでリンク召喚はできず、先にリンク召喚した場合も使えなくなる。  そのため、呼び出すレベル8シンクロモンスターはなるべく単体で戦線を維持できるものか、出したターンで決着を付けられるものが望ましい。  《赤蟻アスカトル》は手札からも特殊召喚でき、特殊召喚するかどうかも任意なのでデッキに《赤蟻アスカトル》がなくとも腐ることは少ない。  また、召喚権を使わずレベル8シンクロモンスターを出す場合は《ワン・フォー・ワン》や《緊急テレポート》で《サイキック・リフレクター》を出すと言う方法がある。  あちらは《バスター・モード》と《バスター・ビースト》がデッキに必要な代わりに特殊召喚の誓約が無い為、リンクモンスターを絡めた展開を行う事ができる。  もし《サイキック・リフレクター》が手札に来てしまった場合でも、召喚すればそれ1枚でシンクロ召喚が可能。  一方で《エフェクト・ヴェーラー》や《無限泡影》に弱いという弱点もあるのでどちらを採用するかはデッキと相談したい所。  リンクモンスターを使うことが少なく、召喚権を残してレベル8を出したい【レッド・デーモン】では採用を考えられる。  《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》で一掃した後に《チェーン・リゾネーター》を召喚すればチューナー2体が並ぶ。  《レッド・リゾネーター》をリクルートすれば3000の回復を行った後に《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》を利用して2体のレッド・デーモンを並べられる。  あるいはレベル合計を10または12に揃えて《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》・《えん魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ》・《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》に繋げるのも手。  相方と言える《死神官-スーパイ》&《スーパイ》も《レッド・ライジング・ドラゴン》とシナジーが強いため、リゾネーター軸の【レッド・デーモン】ではセット採用も検討できる。 変わった所では召喚権を使わず2体のモンスターを揃えられるので最上級モンスターのアドバンス召喚を狙うこともできる。 【インティ&クイラ】では《死神官-スーパイ》共々必須カードに近いが、両者が手札に来た場合に制約がネックとなる。 リンク召喚ができないため基本的にエクストラモンスターゾーンに出すことになり、そのままでは1ターンで《太陽龍インティ》・《月影龍クイラ》を並べることができない。 先に出した方を《星遺物の守護竜》などを用いてメインモンスターゾーンに移すか、自爆特攻を含めた何らかの手段で能動的に破壊するのが望ましい。 《ボルト・ヘッジホッグ》をコストに使えば、エクストラモンスターゾーンを空けて《アルティマヤ・ツィオルキン》を特殊召喚できる。 《ボルト・ヘッジホッグ》を自己再生させ、《赤蟻アスカトル》と合わせて《星杯の神子イヴ》をシンクロ召喚。 《星杯の神子イヴ》で《星遺物の守護竜》をサーチし、このカードと《星杯の神子イヴ》で《アルティマヤ・ツィオルキン》出した後メインモンスターゾーンに移動させることで成立する。 またこの際、《星杯の神子イヴ》で星杯モンスターをリクルートできるため、《アルティマヤ・ツィオルキン》で《ライフ・ストリーム・ドラゴン》・《シューティング・ライザー・ドラゴン》を出せば更なるシンクロ召喚が可能。 攻守の値は《赤蟻アスカトル》と合計することで《太陽龍インティ》と一致するようになっている。 2019年5月23日の6時に公式Twitterで情報が公開された。 同日の18時には《死神官-スーパイ》の情報が公開されており、それぞれ日の出=《太陽龍インティ》、日没=《月影龍クイラ》に例えていると思われる。 この2体は、肩書きが「ししんかん」で共通している。 「アスカトル」については《赤蟻アスカトル》を参照。