英語版 LED5-EN014 Evil HERO Sinister Necrom E-HERO シニスター・ネクロム (ウルトラレア) 1st Edition
5d9db0bb745e6c15ed8966dc

英語版 LED5-EN014 Evil HERO Sinister Necrom E-HERO シニスター・ネクロム (ウルトラレア) 1st Edition

1,500 JPY

Free Shipping Over 100,000 JPY

About shipping cost

《E-HEROイービルヒーロー シニスター・ネクロム/Evil HERO Sinister Necrom》 † 効果モンスター 星5/闇属性/悪魔族/攻1600/守1800 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):墓地のこのカードを除外して発動できる。 手札・デッキから「E-HERO シニスター・ネクロム」以外の 「E-HERO」モンスター1体を特殊召喚する。  デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-で登場した闇属性・悪魔族の上級モンスター。  自身を墓地から除外する事で手札・デッキから同名カード以外のE-HEROを特殊召喚する起動効果を持つ。  上級モンスターの割にはステータスは低く、効果も墓地で意味を為すものである。  フィールドに出す価値は低いので手札・デッキから、悪魔族サポート等を用いたり融合素材にするなどして、直接墓地へ送ると良い。  レベル5のE-HEROなので《E-HERO マリシャス・ベイン》の融合素材として特に適しており、同名カード2枚での融合召喚も可能。  メインデッキに入るE-HEROは現状数が少ないため特殊召喚先はやや限られる。  筆頭候補は攻撃力2600で貫通効果を持ち、《E-HERO マリシャス・デビル》や《E-HERO マリシャス・ベイン》の融合素材にもなる《E-HERO マリシャス・エッジ》だろう。  《E-HERO マリシャス・ベイン》等の高打点の悪魔族がフィールドに存在するのならば、《E-HERO ヘル・ゲイナー》をリクルートして2回攻撃を付与するのも良い。  また、《V・HERO ヴァイオン》や《終末の騎士》で墓地へ送るのなら、レベル4のE-HEROをリクルートしランク4のエクシーズ召喚を狙う事もできる。 デザイン・ステータスからすると《E・HERO ネクロダークマン》をモデルにしたモンスターであろう。 効果もあちら同様に墓地で意味を為す展開補助であり、フィールドに出す価値が低いのも共通する。 元が闇属性のHEROであるためか、他のE-HEROと比べて元となったE・HEROからの容姿の変化が小さい。 「シニスター(sinister)」については《悪魔の憑代》を参照。 なお、E・HEROの多くのモチーフとなっているアメリカンコミックにおいては、ヴィランの代表的なチーム名として「Sinister ○○」の名がたびたび使われている。 カード名後半の「ネクロム」はネクロマンサーを捩ったものだろうか。