英語版 LED5-EN000 Earthbound Immortal Ccapac Apu 地縛神 Ccapac Apu (レア) 1st Edition
5d9db15b5b61b40691a3864e

英語版 LED5-EN000 Earthbound Immortal Ccapac Apu 地縛神 Ccapac Apu (レア) 1st Edition

Last 2

100 JPY

Free Shipping Over 100,000 JPY

About shipping cost

《地縛神じばくしん Ccapacコカパク Apuアプ/Earthbound Immortal Ccapac Apu》 † 効果モンスター 星10/闇属性/悪魔族/攻3000/守2500 「地縛神」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。 フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。 相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。 このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。 また、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、 破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。  RAGING BATTLEで登場した闇属性・悪魔族の最上級モンスター。  地縛神共通の効果、モンスターを戦闘破壊した時にその元々の攻撃力分のダメージを与える誘発効果を持つ。  地縛神共通の効果については地縛神を参照。  また、地縛神全般と相性の良いフィールド魔法や特殊召喚手段については【地縛神】を参照。  フィールドに出すに当っては悪魔族である点を活用したい。  《魔族召喚師》と併用する事で墓地や手札からも簡単に特殊召喚できる。  《悪魔の憑代》が発動していれば、手札からリリース無しで召喚できる上に1回限りだが破壊耐性も付く。  《悪魔の嘆き》・《魔サイの戦士》・《暗黒界の門》で墓地へ送ってから蘇生してみるのも良いだろう。  後者はこのカードの維持に必要なフィールド魔法であり、尚且つ墓地から除外した後に《闇次元の解放》などで帰還に繋げることも出来るため、中々にシナジーするカードである。  僅かながらもこのカードの攻撃力を強化する事もできるため、【暗黒界】で採用してみるのも手か。  《E-HERO ヘル・ゲイナー》の効果で2回攻撃を付与すれば、直接攻撃で相手に大ダメージを与えられる。  《地縛超神官》は、これらのサポートカードを共有できる上に、効果で相手のライフポイントをこのカードの攻撃力と同じ3000にできるため相性がいい。  固有効果は相手モンスターを戦闘破壊した際にバーンを行うもの。  攻撃表示モンスターを攻撃したならば、戦闘ダメージと合わせ3000のダメージを与えられる。  だが、このカードは元々直接攻撃効果を持っており、直接攻撃すれば《収縮》等で迎撃される危険性なく3000ダメージを与えられる。  地縛神の特性と矛盾した効果であり、他の地縛神と比べると少々物足りない。  この効果を活用したい場合は、戦闘ダメージを与えられない状況でも火力を維持できる点を活かしたい。  《奇跡の軌跡》は2回攻撃を付与しつつ、戦闘ダメージを与えられなくなるデメリットもバーン効果で補えるため好相性。  特殊な例としては、《ファントム・オブ・カオス》は戦闘ダメージを与えられないが、このカードをコピーした場合は効果ダメージは与える事ができる。  レベル10以上に耐性を付与できる《神縛りの塚》とは最も相性が良い地縛神と言える。  攻撃表示モンスターを戦闘破壊した場合、戦闘ダメージと自身の効果と《神縛りの塚》の効果を含め4000ものダメージを与えられる。  特に上述の方法で2回攻撃を付与した場合、相手フィールドに元々の攻撃力3000未満のモンスターが2体いれば1ターンキルとなる。 DUELIST EDITION Volume 3のパッケージにて全身像となったカードイラストを見ることが出来る。 商品情報ページではより下半身を確認しやすい。 名前はケチュア語(インカ帝国の公用語)に由来すると思われる。 「Ccapac(原語表記:Qhapaq)」は「偉大な、巨大な」、「Apu」は「君主、権力者」という意味である。 アニメ5D'sでは、深影から「Ccapac Apu」で「巨人」を意味すると説明されていた。 また、南米のアンデス地域では「アプ」と呼ばれる精霊が一部で信仰されている。 おそらくナスカの地上絵の「巨人」を表しているモンスターだと思われる。 アニメにおけるこのカードの使い手である鬼柳の腕にある痣もそれである。 この地上絵は「巨人」以外にも「フクロウ人間」「宇宙飛行士」等の呼称で紹介される事もある。 ゲーム「デュエルリンクス」での鬼柳の紹介では「フクロウ男」と紹介されている。 原作・アニメにおいて― アニメ5D'sにおいて、ダークシグナー時の鬼柳京介が使用する真の切り札。 初登場は「遊星vs鬼柳」(1戦目)で、《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》のモンスター効果でサーチされ、ゴースト・トークン2体をリリースしてアドバンス召喚された。 残りライフが僅かな遊星に《スターダスト・ドラゴン》と《くず鉄のかかし》を無視してダイレクトアタックを仕掛けたが、勝利寸前に遊星のD・ホイールの故障によってデュエルが中断した。 「遊星vs鬼柳」(2戦目)では、《インフェルニティ・デーモン》と《インフェルニティ・ネクロマンサー》をリリースしてアドバンス召喚される。 2度の攻撃を仕掛けるが仕留めきれず、最終的には遊星の《セイヴァー・スター・ドラゴン》にモンスター効果を奪われ戦闘破壊された。 アドバンス召喚時の口上は「人々の魂を生贄に、降臨せよ!《地縛神 Ccapac Apu》!!」 番組冒頭の「今週のカード」コーナーで紹介された時にはカード名が銀色だったが、作中で鬼柳が使用した際は金色になっていた。 「ジャックvsカーリー」戦においてカーリーが使用した罠カード《地縛解放》のイラストでは、廃墟が並ぶ地面から片腕だけが出現する様子が描かれている。 アニメでのバーン効果によるダメージはかつての《E・HERO フレイム・ウィングマン》等と同じく、フィールドに存在していた時の攻撃力で決定していたようだ。 Z-ONEが遊星の情報を探す回想シーンで姿が確認できる。 コナミのゲーム作品において― WORLD CHAMPIONSHIP 2011にて登場し、【地縛神】を使用。 KONAMIの音楽ゲーム「GuitarFreaksXG & DrumManiaXG」の「Einherjar」という曲のクリップに、このモンスターに非常によく似た怪物が登場している。