日本語版 IGAS-JP024 海外未発売 機巧蹄-天迦久御雷 (ウルトラレア)
5dbad5d7745e6c4323adb735

日本語版 IGAS-JP024 海外未発売 機巧蹄-天迦久御雷 (ウルトラレア)

400 JPY

Free Shipping Over 100,000 JPY

About shipping cost

《機巧蹄きこうてい-天迦久御雷アメノカクノミカヅチ》 † 効果モンスター 星9/炎属性/機械族/攻2750/守2750 このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 (2):EXモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。 (3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。 このカードに装備された自分のモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。  IGNITION ASSAULTで登場した炎属性・機械族の最上級モンスター。  特定条件下で手札から特殊召喚できる起動効果、エクストラモンスターゾーンのモンスターを自身に装備できる起動効果、戦闘破壊時に装備カードを特殊召喚できる誘発効果を持つ。  (1)は、自己特殊召喚。  エクストラモンスターゾーンをお互いに使わないことは稀なので、容易に特殊召喚が可能。  (2)は、モンスターの装備カード化。  相手モンスターを装備してエクシーズ召喚やリンク召喚などの素材にすれば、単体除去として機能する。  (1)のために展開した低リンクが攻撃の的になるのを防いだりエクストラモンスターゾーンを空けるために、自分モンスターを装備カードにする事も検討できる。  (3)は、戦闘破壊時における装備カードの特殊召喚。  最上級モンスターの中では並程度の攻撃力だが、それでも戦闘破壊できる機会はそれなりにあるだろう。  特殊召喚したモンスターで追撃しつつ、メインフェイズ2で共にリンク素材などにしてもよい。  (2)で自分モンスターを装備すれば間接的にメインモンスターゾーンへの移動のサポートにもなる。  効果はいずれも単体で完結した上で汎用性が高く、汎用カードとして多くのデッキに投入が可能。  《簡易融合》と《サウザンド・アイズ・サクリファイス》のコンボは、相手のモンスターを除去しつつ、このカードの特殊召喚効果の発動条件を満たせるため相性が良い。  エクストラモンスターゾーンにモンスターを出さないデッキは少なく、後攻の返し札としても有用。  (2)で除去した上で、自身並びに(3)で特殊召喚したモンスターでの連続戦闘破壊に成功すれば、3体のモンスターの除去と1体のコントロール奪取により大幅にボード・アドバンテージを回復できる。  特に【レベル9】系統のデッキでは、除去・各種素材・《星遺物の胎導》の起点と幅広い活躍が見込める。  また、同レベルの《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》や《ワルキューレ・シグルーン》は(2)で装備したカードを利用して特殊召喚できる。  エクストラモンスターゾーンの相手モンスターを除去できるモンスターとしては《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》も存在する。  こちらは単体での性能が高く、相手がエクストラモンスターゾーンを使わない場合にも腐りにくい。  また墓地へ送らないため再利用されにくく、戦闘破壊を行えば特殊召喚が行える点で優れる。  一方、あちらは《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚を含め除去までに効果の発動を含まないので妨害を受けにくい。  対象耐性を持つモンスターも除去できる点や融合素材として墓地へ送るため除去としての確実性が高い点で優れる。 魔法カードの発動条件の関係でエクストラモンスターゾーンにのみモンスターを置く【閃刀姫】にはメタとして機能する。 装備カード化がフィールドを離れるわけではないため、《閃刀姫-レイ》の自己再生が発動できなくなる点もあちらには痛手となる。 【閃刀姫】は基本的に自分のターンで動いてアドバンテージを稼ぎ、相手の動きを妨害するデッキであるが、このカードの場合は効果を無効にできても攻撃力で突破される。 (2)の効果はコントロール奪取として扱われるため、コントロールを変更できないモンスターには使用できない。 現状、そのようなエクストラモンスターゾーンのモンスターは《魔竜星-トウテツ》を素材としたシンクロモンスターのみである。 (3)の効果は自分の魔法&罠ゾーンに存在するモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。 モンスターを装備カード化する効果のルールとして、自分が効果を発動したならば元々の持ち主が自分・相手を問わず「自分の魔法&罠ゾーンに置く」ことになる。 即ち、このルールに従えば相手モンスターを(2)で装備した場合でも特殊召喚は可能。 相手の効果によって装備されたモンスターは特殊召喚できない。 《スフィア・ボム 球体時限爆弾》の効果などは回避できない。 相手フィールドに存在する間に(2)の効果を使い、装備カード化したモンスターを装備するこのカードのコントロール奪取を行い、相手モンスターを戦闘で破壊しても、装備カードとなっているモンスターは相手のカードなので特殊召喚できない。 ちなみに「自分のモンスターカード」というテキストは初めてだが、「自分のカード」ならば前例がある。 元々の持ち主を問わずその時のコントローラーのフィールドに存在するカードを「自分のカード」と扱っていたため、上記裁定もそれに準ずるものである。 カード名前半部分「機巧蹄」の読みが「機皇帝」と一致しているが、漢字表記そのものが違うので「機皇帝」のカテゴリには属さない。 その機皇帝とは種族・手札からの特殊召喚・相手モンスターを装備カード化など共通点が多く、あちらを意識した可能性がある。 特に《機皇帝グランエル∞》とは装備したモンスターを特殊召喚できる点も似通っている。 モチーフは、「アメノカクノカミ(天迦久神)」+「タケミカヅチ」だろうか。 それぞれ、イザナギがカグツチを殺した際にタケミカヅチが生まれ、殺害時に使った剣「天之尾羽張あめのおはばり」と同名で、タケミカヅチの親とされる天之尾羽張神あめのおはばりのかみへの使者として遣わされたのがアメノカク、という関係になっている。 「アメノカク」は古事記のみに登場する神であり、「鹿の神格化」と称されることもある。 このモンスターの姿も鹿で、名前の「蹄」は鹿が蹄を持つ動物である事が由来だと思われる。 炎属性なのは、上記のカグツチが由来だろうか。